WPA3 | 日経 xTECH(クロステック)

(情報元のブックマーク数

WPA3が

WPA3では、WPA2で見つかった脆弱性への対策のほかに、無線LAN接続をより安全に、より便利に利用するための新機能も盛り込まれる予定だ。例えば、短くて単純なパスワードは辞書攻撃や総当たり攻撃に弱い。これを保護するための強化策として、一定の回数ログインに失敗するとブロックする「ロックアウト」機能を導入する。また、単体で動作する小型のIoT端末など、画面を持たない端末向けに、スマートフォンなど別の端末の画面を使って、無線LANの設定ができる機能を導入する。さらに、パスワード不要で利用できるタイプの公衆無線LANは通信内容が暗号化されておらず、簡単に盗聴できてしまう。WPA3はこうした接続も暗号化して盗聴を防げるようになる。

WPA3 | 日経 xTECH(クロステック)

screenshot