10年単位のトレンドは「透過的コンピューティング」 − @IT

企業システムなんて分散して、集中してを繰り返していますが、サーバ構成や仮想化で運用することで、サーバに依存せずリソースを共有できるようになるんでしょうねぇ。

OracleのGridみたいな感じかな。GoogleAppでクライアントで動作させたり、するのもひとつの手かな。
それだけ、開発側に負荷がかかりそうだな。

企業の情報システムについて、この10年余りで面倒になったことの1つは、悪い意味でのサーバの分散化が進んで管理もままならなくなってきたことだ。だがサーバやストレージの透過性を高める技術が、この混乱した状況を打開するためにも重要なカギになるはずだ。大切なのは、これらがいますぐにでも使える技術だということだ。

screenshot